TAK IN KAAT 神奈川県演劇連盟×神奈川芸術劇場第六弾 神奈川県演劇連盟プロデュース「ジレンマが嗤う」2016/04/21(木)~2016/04/24(日)

■脚本:緑慎一郎(演劇プロデュース『螺旋階段』)
■演出:笹浦暢大(もじゃもじゃ頭/うなぎ計画)
■場所:神奈川芸術劇場・大スタジオ(神奈川県・関内)
■期間:2016年4月21日(木)〜4月24日(日)
2016/4/21(木)19:00
2016/4/22(金)14:00/19:00
2016/4/30(土)14:00/18:00
2016/5/1 (日)14:00

■チケット:<日時指定・自由席>前売3500円/当日3700円/学割2000円 他
■出演:藤代太一(舞夢プロ)、田中惇之(MA-SPANKY)、鎌田亜由美(有限会社ORCHARD)、金子侑加(あやめ十八番)、尾﨑彰雄、anna、β(ベータ)(WAHAHA本舗)、櫻井宇宙(EgHOST)、眞田規史、小坂竜士(株式会社辺見プロモーション)、中西浩、附波德佐(劇団まがりかど)、明季、小林カンナ、Sie(リジュエ)、田なべもえ、河村岳司、黒木伸一朗、藤本貴行、西村隆主(風雲かぼちゃの馬車)、藪原遼(東京DASH)、清水忠、加賀屋奨、真坂雅(重惑[omowaku])、安藤陽佳(株)アイリンク、金城色、小山内詩音、宮内咲希子(風雲かぼちゃの馬車)、山元洋一

■あらすじ:
北条会と里見組の抗争が激化していた。
北条会先代が予期せぬかたちで倒れ、舵取りを失っていた。
これを好機に里見組が仕掛けたことから始まった抗争は死者を多数出し、いつ終わるのか全く分からない状況だった。
大野健司は北条会若頭からの依頼で一人の女の調査を引き受ける。
女、白石早紀はすぐに見つかり調査はすぐに終了するかと思われたが早紀は健司になぜ追われているのかを話す。
健司は半信半疑ながら早紀を信じることに決めた。
嘘で塗り固め、出し抜き、のし上がっていく健司。
いつしか抗争の中心へと巻き込まれていく。
健司は全てを手に入れることが出来るのか?
最後に嗤うのは誰だ。

詳しくは公式サイトまで。
ジレンマが嗤う

ジレンマが嗤う

関連記事

Twitter

直近のイベント

直近のイベントはありません。

ページ上部へ戻る